山田哲人選手 ナイッス!!!(゜▽゜*)☆

山田から幻弾少年へ
「またグラブ持って応援に来て」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-01789496-nksports-base



<WBC:日本4-1オーストラリア>
◇1次ラウンドB組◇8日◇東京ドーム

集中力が違った。1回表の第1打席。
先頭打者の山田哲人内野手(24)が
二遊間を鋭く破った。
高めに浮いてきた
144キロを見逃さず中前打。
チームを鼓舞する一打だったが、
山田にはチームと同じか、
それ以上に、届けたい相手がいた。


前日7日のキューバ戦。
同点の4回2死二塁だった。
山田の捉えた打球は左翼席に向かった。
だが、スタンド最前列で観戦していた
男子中学生がとっさに
グラブを出してキャッチしてしまった。
“捕球位置”が外野フェンスより
前だったため、リプレー検証へ。
勝ち越し2ランは二塁打と判定された。
ざわついていたが、山田は集中していた。
何が起きていたのか理解したのは、
試合後だった。

喜びにわくロッカー室で
着替えているときだった。
何となく無音のテレビに目をやると、
あのシーンが流れていた。
手が止まった。
目に入ったのは捕球直後に大喜びする、
丸刈り頭。
「グラブを持って来てくれたんだから、
野球少年なんでしょうね」。
責める気持ちなど、わくはずがなかった。

そしてこの日の朝、歯を磨きながら、
ふと、丸刈り頭のことが気になった。
スマートフォンを手に取った。
「うつろな表情で、フードをかぶったまま。
青ざめていた」とあった。
落ち込んでいると知った。
だから、伝えたかった。
「僕は全然気にしてない。
だから野球を嫌いにならず、
またグラブを持って応援に来てほしい」。
絶対に打ちたかった。

それだけではない。
侍ジャパンの試合に、
グラブを持って来た少年だ。
「これも何かの縁だし、
将来プロ野球選手になって、
一緒に『あんなことがあったね』と
懐かしい話ができるように頑張ってほしい。
僕も完璧な
本塁打を打てるように頑張ります」。
山田から少年へ。
幻弾は、それ以上の価値を生んだ。

(9日 日刊スポーツより)

"山田哲人選手 ナイッス!!!(゜▽゜*)☆" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント