『ギャラクシー街道 』初登場 首位!

<映画興行成績>
「ギャラクシー街道」が初登場首位 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000009-mantan-ent


26日に発表された
24、25日の映画観客動員ランキング
(興行通信社調べ)によると、
脚本家の三谷幸喜さんが監督し
人気グループ「SMAP」の香取慎吾さんが主演した
「ギャラクシー街道」が初登場で首位を獲得した。

西暦2265年の広大な宇宙の片隅に
浮かぶとあるハンバーガーショップが舞台の
スペース・ロマンチックコメディーで、
433スクリーンで公開され、
約19万9000人を動員し、
興行収入は約2億7000万円をあげた。

2位は、公開3週目に入った
「図書館戦争 THE LAST MISSION」。

有川浩さんのベストセラー小説シリーズを
人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で
実写映画化した「図書館戦争」の第2弾で、
動員数約9万8000人、興行収入約1億3000万円をあげ、
累計では動員数90万人、興行収入11億円を突破した。
3位はベテラン俳優のロバート・デニーロさんと
アン・ハサウェイさんが共演している
「マイ・インターン」だった。

初登場作品では、5位に謎の“巨大迷路”に
閉じ込められた人々が脱出を目指す
サバイバルアクション映画の第2弾
「メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮」がランクイン。

511スクリーンで公開され、約7万4000人を動員し、
興行収入は約1億1000万円だった。
また、6位にはプロの運び屋
(トランスポーター)の活躍を描くアクション
「トランスポーター イグニション」が入った。
240スクリーンで公開され、動員数は約7万2000人、
興行収入は約1億円だった。

(27日 まんたんウェブより)

"『ギャラクシー街道 』初登場 首位!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント