『マリンワールド海の中道』 オープン!

マリンワールド一新 12日オープン 玄界灘の波を水泡で再現 [福岡県]


https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/320445


 福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」の改装工事が完了し、8日に招待客らを招いて内部が先行公開された。「九州の海」をテーマに1~3階のほとんどの水槽を一新し、350種3万匹を展示。映像や音響にも工夫を凝らし、来場者は臨場感たっぷりの「海」に歓声を上げた。12日、半年ぶりにリニューアルオープンする。

 目玉の一つが3階に設けられた玄界灘を再現した水槽。クエやキジハタ、クロメジナなどが泳ぐ中、水泡の塊が岩にぶつかり、荒波にもまれる海中を体感することができる。家族と訪れた福岡市早良区の西井彩さん(10)は「波がバッシャーンと来るのがすごかった。もっと、いろいろ見たい」と笑顔。

 火山活動でできた暗く急勾配の地形にアカオビハナダイの群れが泳ぐ錦江湾(鹿児島)、ムツゴロウやトビハゼが間近に見られる有明海の干潟(佐賀)、渦潮を再現した西海(長崎)などもあり「九州の素晴らしい海を楽しく、深く知ってほしい」と中村雅之館長。

 アシカのかわいらしい表情をより近くで見てもらおうと、ショープールのステージを客席側に新設。芝生と小プールの「ペンギンの丘」も人気を呼びそうだ。

 館内には外国人観光客に対応するため、スマートフォンで聞ける英語、中国語、韓国語の音声ガイド機能を導入、案内サインも4カ国語で示した。

 営業時間は午前9時半~午後5時半。29日~5月7日は特別企画「夜のすいぞくかん」として午後9時半まで延長する。入館料は高校生以上が2300円、中学生1200円、小学生千円、4歳以上600円。

(9日 西日本新聞より~)


休館中、スタッフの人たち
魚のお世話や水槽へ移す作業
食事の用意など~
ショーの練習などなど
とても大変そうでした。

イルカが、すごく可愛くて
観ているだけで癒されます☆
ペンギンも愛らしく
リニューアルオープンした
マリンワールドに行って
実際に見たいと思ったkeitei1です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック