稀勢の里 初優勝おめでとう!

稀勢の里、悲願の初賜杯…静かに「うれしいっすね」



支度部屋で取材に答える稀勢の里
◆大相撲初場所 14日目
 ○稀勢の里(寄り切り)逸ノ城●
(21日・両国国技館)

 東大関・稀勢の里(30)
=田子ノ浦=が悲願の初賜杯を手にした。
 1敗で単独トップの稀勢の里は、
西前頭13枚目・逸ノ城(23)=湊=と対戦。
微妙な立ち合いだったが、
落ち着いて寄り切って1敗を守った。

貴ノ岩に寄り切りで敗れ3敗目を喫した白鵬

星1つ差で追っていた東横綱・白鵬(31)
=宮城野=は、結びの一番で
東前頭10枚目・貴ノ岩(26)
=貴乃花=と初顔合わせ。
寄り切りで不覚の黒星を喫した。
千秋楽を残して2差に広がり、
稀勢の里の優勝が決まった。

初優勝決定後、稀勢の里は
支度部屋で落ち着いた表情で
「うれしいっすね」と静かに答えた。
千秋楽で白鵬との対戦を残しており
「最後、しっかり終わってから。
明日ですね」と口にした。

昇進問題を預かる友綱審判部副部長
(元関脇・魁輝)は2横綱の休場を理由に
「昇進? 薄いのは薄いよね」と慎重姿勢。
だが、守屋委員長は
「先場所が終わった後と今では
相撲界全体の流れが違う。
(見解が)変わってもお許しいただきたい」と
初Vなら横綱昇進の流れになりつつあることを示唆。
さらに「星数を見たい人もいる。
このまま行ってほしい」と
意見が割れることも予想し、千秋楽も勝っての1
4勝1敗という数字を求めている。
(21日 スポーツ報知より)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック