SMAP 日本中から「ありがとう!」

SMAP、日本中から「ありがとう」…サプライズなし



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000050-sph-ent



大みそかで解散するSMAPの名物番組
「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が
26日、
1996年4月15日から
20年9か月の歴史に幕を下ろした。
この日が920回目。
NHK紅白歌合戦を
辞退して5人が選んだ“ラストステージ”。
事前収録された5人で歌う
「世界に一つだけの花」でフィナーレを飾った。
最後までメンバーから生のメッセージが
発せられることはなく、
あまりに寂しい終焉(えん)となった。
番組には
解散を惜しむファンからメッセージが殺到した。



もともと特別なOnly one―。
力強く拳を握って締めくくった
中居正広(44)が涙ぐむ。
歌い終えた5人が
深々と頭を下げ、そのまま幕が下りた。
再び幕が上がると、中居は後ろを向いて涙を拭った。
残る4人は前を向いたままだった。

もう二度と、この5人が肩を並べることはない。
20年9か月続いた番組のフィナーレを飾った、
5人が歌う「世界に一つだけの花」。
今月1日に収録したものだ。
スタジオの拍手、そしてスタッフと
記念撮影をしながら進むエンドロールが、
むなしく映し出された。

920回目の放送は、タイトルに
「最終回ありがとうSMAP」と添えられた。
番組が東京・台場の本社内に設置した
20台のFAXは、メッセージを締め切る
午後10時45分まで、休むことなく動き続けた。
だが、それに応える5人は、そこにいない。
歌唱シーンの前に一言だけ映し出されたメッセージ。
「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、
みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。
ありがとうございました。SMAP」。
たったこれだけだった。

本社と湾岸スタジオには、
生出演に
一縷(る)の望みを抱いたファンの姿もあった。
都内では有志がラッピングバスを走らせるなど、
全国で国民的グループを支えたファンが
盛り上げようとしながら、
番組は淡々と過去の映像が流されるだけ。
通常の総集編のようにスタジオで
映像を見る5人の姿も、全て過去のもの。
これが全放送の平均視聴率
18・1%を誇る人気番組の最後だった。

1月13日に独立・分裂の動きが表面化して以降、
日本中を巻き込んだ騒動となった。
5人の意見は、全てにおいて一点に
交わることができないまま解散を迎えるが、
19日には連名でNHKに
「『SMAP×SMAP』を自分たちの
ラストステージとさせて頂きたいという
想いに至りました」と手紙を送った。
この日のラストステージだけは
5人の一致した考えだった。
最終回の生出演を望んだメンバーもいた。
一貫して存続を望んだ木村拓哉(44)と
“SMAP愛”が一番強いと言われる中居。
所属事務所も番組も粘り強く
5人と交渉したが、実現しなかった。

02年1月14日に放送された
稲垣吾郎(43)の不祥事による謹慎から
復帰したときの番組は、
歴代最高視聴率34・2%を記録した。
27日に明らかになる視聴率も注目されるが、
高視聴率を記録したときは、
いずれも5人の生の姿が画面の中にあった。
今後まだ、しばらく余韻を
引きずることにはなるが、
大みそかの解散まで、あと4日。
メンバーはひっそりと、
あまりに大きな看板を下ろす。

(27日 スポーツ報知より)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック