楠部彌弌の花瓶

楠部彌弌の花瓶


http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20160621/03.html


楠部彌弌 くすべやいち(陶芸家 物故作家)
1897年(明治30年)~ 1984年(昭和59年)


通常の釉下彩とは胎土に直接文様を描き、
その上に透明の釉薬をかける技法。
(釉裏紅や辰砂など)
その釉下彩から生まれた「彩埏」とは
釉薬を磁土に混ぜ、何度も薄く塗り重ねる技法。
この技法が独特の深い色合いと文様を生みます。

1897年 
楠部貿易陶器工場の
経営者の四男として京都に生まれる
1912年 
絵画の勉強をしたいと考えていたが
両親の願いにより
京都市立陶磁器試験場付属伝習所に入所する
1924年 
パリ万国博覧会に「百仏飾壷」を出品し受賞する
1933年 
帝展で「青華甜瓜文繍文菱花式龍耳花瓶」が
特選を受賞
同年  彌一を「彌弌」と改名する
1937年 
パリ万国博覧会で「色絵飾壷」が受賞
同年  
第1回新文展に「彩埏」の技法を用いた
「黄磁堆埏群鹿花瓶」を出品する
1954年 
日本芸術院賞受賞
1962年 
日本芸術院会員となる
1978年 
文化勲章受章
1982年 
日本新工芸家連盟名誉会長に就任。
1984年 
逝去 享年87歳


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック