★智弁和歌山…らしくなかった★残念!!

夏の地方大会
智弁和歌山・高嶋監督
「理由つけようがない負け方」

<全国高校野球選手権:津商9-4智弁和歌山>
◇9日◇1回戦

智弁和歌山が津商(三重)に逆転負けした。

夏は3年ぶりで、
左腕エース斎藤祐太投手(3年)と
強力打線の評判が高かった。
初回にすんなり
2点を先制しペースをつかんだものの、
4回の守りから失策がらみの失点があり、
次第に相手に流れを渡してしまった。

斎藤は
「自分のエラーからこういう結果に
つながってしまい、申し訳ない」と話した。

1試合で7失策。
他に、記録は安打になったが、
野手のミスも目立った。
バッテリーエラーも2度。
甲子園最多63勝の高嶋仁監督(69)は
「見てのとおりです。
エラーをするチームをつくったのは監督です」と
内容を振り返り
「理由のつけようがない負け方」と残念がった。

現チーム全員が夏の甲子園は初の経験だった。
今後はこの日出場した2年、
1年を中心に来夏を目指す。
斎藤は「厳しい練習を乗り越えて、
甲子園に戻ってきて、勝ってほしい」と
後輩に夢の続きを託していた。

(きょうの日刊スポーツ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック