大石投手、西武には慣れてきましたか! ?

米球団スカウト熱視線
「大石にはぜひメジャーに来て欲しい」



震災の影響で紆余曲折を経た
2011年プロ野球が開幕したが、今シーズン、
盛り上がりを見せるのが新人王争いだ。

特に黄金世代と呼ばれる斎藤(日本ハム)、
大石(西武)、澤村(巨人)、福井(広島)ら
大学生投手陣は、ドラフト3位以内に10名が
指名を受ける豊作の年となった。

なかでもオープン戦に活躍した澤村、
そして球界のアイドル
斎藤にプロ野球ファンの注目が集まる。

一方、MLBスカウト陣は、
少し違った角度でルーキーを眺めていた。
米球団スカウトが明かしてくれた。

「彼らの大学時代の成績をセイバーメトリクス
(野球統計学の分析手法)で用いられる
指標を使って評価してみたんです。
すると、評価できる投手としてあがってきたのが
楽天の塩見、中日の大野、そして西武の大石でした。

3人とも、DIPS(野手の善し悪しにかかわらず、
投手自身でコントロールできる部門の数値。
奪三振、与四死球、被本塁打によって生成され、
数値が低いほど運や守備に左右されない
投手自身の能力が高い)の指標が2以下です
(塩見1.277、大野1.630、大石1.299)。
これは、近年最高の大卒新人投手だった
ソフトバンク和田の
早大時代(1.809)よりも優れた数値です」

3人とも、WHIP(1イニングあたりに出塁を許した
平均人数を示す指標)も1以下だ
(塩見0.767、大野0.551、大石0.835)。
これは、出塁を許さない安定した
ピッチングがなされていたことを示す。

「特に六大学野球という高いレベルで、
そして抑えという重圧のかかる場面で数値を残した
大石にはぜひメジャーに来て欲しい」(同)

※週刊ポスト2011年4月29日号
[18日・NEWSポストセブンより~]


大石投手は、福大大濠→早稲田~西武に入って
去年の雄星くんみたいに
潰されていないか・・・と、すごく心配していました。

福大大濠は、とても優秀な生徒の学校ですから~
早稲田も優秀な大学です・・・(*'▽^)ъ

今までの環境と違い・・・
戸惑うこともたくさんあり、
とても神経を遣うことと思います。
心の中に溜め込まずに大学の時の仲間や
監督さんなど相談したりして乗り切ってくださいね! ?
将来、メジャーに行くために
色んな経験をして挑んでほしいです。
メジャーは、keitei1が勝手に思っていることです。

ビックリするような社会人もいるかも知れません…★
本当に気持ちで負けないで乗り切ってください。
大石投手の指導する人が
人間としてもいい人なのか心配してたkeitei1でした。

指導者次第で選手が
伸びたり、ダメになったりがありますからね! ?

でも、西武のユニフォーム
デザイン&色にしても暗すぎ、ダサすぎ…
もっと明るく爽やかなユニフォームにしてほしいです。
いつからこんな暗くなったのかなぁ~? ?

そして・・・
どうしてフォームを改造したのかと~
リリーフから先発にとか~
西武は、どうして今までやってきたことを
すべてやりなおすのか・・・
選手が潰れていってしまって
もっと野球をする環境を整えてほしいと思います。

keitei1は→大石くんはソフトバンクに
来てくれてたらよかったのに! !と心から思ってました。

これからも福岡からしっかり見て聞いて
応援してたいと思っています。
無理しないようにガンバってくださいねっ! ?(〃^^〃)ノ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック