木村コーチ安らかに・・・★

「キムタク」の愛称と気さくな人柄で、

多くの人に慕われた
巨人の木村拓也内野守備走塁コーチ(37)が
7日、亡くなった。

木村コーチの遺志を継ぐべく、巨人ナインは
優勝への誓いを新たにして、伝統の一戦に臨んだ。
一方、他球団からも早すぎる死を惜しむ声が届いた。

巨人ナインは7日午後、
兵庫県芦屋市内の宿舎で木村コーチの
遺影に黙とうをささげた後、甲子園球場に向かった。
巨人と阪神の球団旗が半旗に掲げられる中、
午後4時過ぎ、選手、首脳陣がグラウンドに飛び出し、
二塁の守備位置に阿部主将、内海選手会長を
中心に集まり、再び黙とう。

内海は
「タクさんが守っていれば安心して投げられた。
調子がいい時も悪い時も声をかけてくれた
最高の先輩」としのんだ。
練習の間は選手同士で会話する姿もなく、
いつもは大きな声が
飛び交うノックも無言で淡々と行われた。

木村コーチとは同学年という谷は
「明るくリーダーシップもあり、
人の上に立つ人間と思っていた。
これからもタクと一緒に戦う」と誓った。

両チーム、観客が黙とうをささげ、
場内が静寂に包まれる中、試合開始。
巨人ナインに加え、広島時代の同僚だった
阪神の金本、新井も喪章を付けてプレー。

この日、先制打を放った巨人・坂本は
「たくさんのことを教えてもらった。
ベストを尽くし、チーム一丸となることが
タクさんにとってもいいこと」と語った。
巨人では23日からの東京ドームでの
広島3連戦の1試合を追悼試合とし、
ファンと一緒に「お別れの会」を
開催することとした。

この日は、
広島ナインも喪章を付けて試合に臨んだ。
広島時代に一緒にプレー、
倒れた日にも言葉をかわした広島・野村監督は
「タクの闘志、野球を愛する気持ちを
今の選手たちが受け継いで、野球ができる喜びを
もう一度かみしめたい」と話した後、
「悔しいです」と唇をかみしめた。

アテネ五輪でともにプレーしたヤクルト・宮本は
「限られた人数の中で内外野や
ブルペン捕手などチームのため
献身的にやってくれた」と思い出を語った。

昨年まで巨人で一緒に戦った横浜の尾花監督は
「去年、マスクをかぶり、ゼロに抑えた時の
ホッとした顔と得意げな顔。
子供みたいな表情が忘れられない」と振り返ってた。
(きょうの読売新聞より~)


宮崎に帰った際にも
子ども達に野球の指導をしたり
学校で講演するときも
色紙にサインを書いて、我慢という言葉を添えて
子ども達に、「夢に向かって頑張ってください。
夢をつかむには我慢ということも必要になってきます」と
説明してた木村コーチ
ほんとにそうだな~と思いつつ一緒に聞いていました。

単身赴任をされて、新しい環境で、頑張りすぎて
いたのでは??とつい思ってしまいます。

ほんとに子どもが
そのまま大きくなったような顔をされて
ピッチャー以外、全部活躍をされて
早すぎる死で、とても、とても、残念に思います。

天国でゆっくりして、野球を見守ってあげてください。
ご冥福をお祈りいたします┏〇ペコッ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック