"がばい伝説" 佐賀北の夏~

"最強"メンバー集う
[不思議な縁]


副島浩史が放った
大会史上初となる決勝での
逆転満塁弾で締めくくった佐賀北ナインの夏。

硬式経験者ゼロのチームが
生んだ奇跡の始まりには、
いくつかの不思議な縁が折り重なった。

佐賀県内の強豪と
いえば全国制覇を成し遂げた佐賀商。

城南中時代に全国3位になった副島、
城北中2年で県大会を制した
主将の市丸大介も佐賀商への進学を考えていた。

ところが、
県立の神埼を春夏連続で甲子園に導いた
百崎敏克氏が2004年、佐賀北監督に就任。

「監督の指導でうまくなりたい」と
副島は佐賀北を選んだ。
副島は県内でも注目の逸材。
「甲子園に一番近い」と後を追った。

05年春に集まった
顔ぶれを見て井手和馬は
「すごい。このメンバーだったら・・・」と胸を躍らせた。

しかし、道のりは甘くはなかった。
05,06年の夏は初戦敗退。逆に佐賀商は連覇。

球友が聖地に立つ姿を見て
市丸は「うらやましかった。
自分たちの代で甲子園に行くと誓った」と振り返る。

歯車は少しずつかみ合っていった。
中堅だった辻尭人が肩を痛め、一塁へコンバート。
何度もチームの窮地を守りで救った
馬場崎俊也が中堅に定着した。

甲子園タイの7試合に先発した
左腕馬場将文は1年秋に外野手から投手へ転向。
スリークオーターに変えて
右の久保貴大と必勝リレーを形成した。

そして佐賀大会準決勝で
佐賀商の3連覇を阻んでつかんだ夏切符。
井手の入学時の予感は的中したが
切符の終点は予想もつかない頂点に変わっていた。
(25日の新聞記事より~)



昨日は、
NHK
 
「高校球児たちの夏」


【16:40~と再放送は夜中1:05~】放送してました。

佐賀北の逆転ドラマその裏に・・・
▽強打広陵勝利の作戦


何度みても、両校球児の
ひたむきなプレイに感激、感動させられます
やっぱり高校野球は、いいなぁ~






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック