keitei1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆斎藤・エースの風格〜☆

<<   作成日時 : 2007/04/15 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【東京六大学野球・大学デビュー戦で勝利】


東京六大学野球春季リーグは14日、
神宮球場で開幕、
東大-早大、立大-慶大の各1回戦を行い、
1年生では異例となる開幕戦の
先発デビューした早大の斎藤が勝利投手となった。


早大は8-0で快勝。
1年生の春の初登板初勝利は
2001年に明大の一場(現楽天)が
早大戦でマークして以来。


斎藤は五回まで1人の走者も出さず、
六回に初安打を
許したものの8奪三振、無四球と好投した。
慶大は5-1と先勝した。


開幕戦で初白星をつかんだ
早大の斎藤は笑顔で試合を振り返った。


-デビューの感想は。
「昨夏の甲子園大会の決勝より緊張した。
マウンドに上がるまでは、人生で最も緊張した」

-6回を74球で無失点の内容だった。
「0点に抑えたのは合格点。まだ欠点があるので
修正したい」

-五回まで1人の走者も出さなかった。
「分かってはいたが、完全試合は意識しなかった。
安打されたのは失投。五、六回までが目安と言われて
いた」

-開幕戦の先発は3月のキャンプ中に言われたそうだが。
「正直びっくりした。自分が任されるとは思って
いなかった。
監督からは度胸を持って投げろと言われた。
下級生で遠慮は少しあった」

-初勝利も挙げた。
「気持ちいい。早大の一員になることができてよかった」

-1万8000人の観客の前で投げた感想は。
「甲子園のイメージがあったので、
満員になるかと思っていた。もっと観衆を集めたい」

-ウイニングボールはどうするのか。
「これから考える。もらったのは初めて」


▽楽天・田中将大投手
 「結果は聞きました。
(内容が) 良かったみたいですね。
(五回までパーフェクトという途中経過は)
やっぱりすごい。
自分らしい投球をしたから抑えられたのでは」


▽ソフトバンク・和田毅投手(早大出)
「結果だけ聞きました。あれだけ注目される中で、
それだけの投球ができるのはすごいし、
1年生で開幕に投げるのもすごい」


▽中継した民放テレビ局のゲスト・江川卓氏
「僕のときより慣れがあると思う。
試合の中でうまく修正し、投球の組み立てが非常に
うまい。
将来の早稲田を背負って立つ投手になる。
歴史に名を残す予感がある」


▽東大・中西監督
「今のうちの力はあんなもん。
狙い球うんぬんの問題ではない。
斎藤君は落ち着いていた」


▽同・山田主将
(4番打者で斎藤に2打数無安打)
「打ち損じただけで球威はすごくない。
丁寧に投げ、まとまっているので先発向きでは」


▽同・大坪
(唯一の安打を放つ)
「球の伸びはそれほどなかった。
真っすぐが多かったので狙った」


▽慶大・相場監督
「めりはりがついていて、変化球がいい。
早慶戦で当然投げてくるだろうし、対戦が楽しみ」


▽法大・金光監督
「投球術がすごい。
1年春でこれだけ落ち着いているのは大したもんだ」


▽立大・坂口監督
「スピードを抑えて制球重視だった。
あとは強力打線に対する投球も見てみたい」


(今日の新聞記事より〜)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆斎藤・エースの風格〜☆ keitei1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる