☆華麗なる一族 (最終回)~☆


【銭高は借入表の改ざんを命じられたと証言】

鉄平(木村拓哉)側の切り札として
法廷に現れた銭高(西村雅彦)は、
大介(北大路欣也)が
借入表を改ざんするよう命じたと証言する。

追い詰められた大介は、
帝国製鉄の和島所長(矢島健一)を阪神特殊製鋼の
破産管財人に据えて、形勢逆転を計る。

阪神特殊製鋼の専務室で
今後の対策を練る鉄平と倉石弁護士(萩原聖人)の
元に和島が現れ、提訴を取り下げてきたと告げる。
提訴を取り下げるということは、
阪神特殊製鋼が非を認めたことにほかならない。

破産管財人の和島にとって役員を解任された
鉄平は、ある決意を胸に会社を後にする。
(今日の新聞記事より)


昨日のスマステ! !に拓哉くんがゲストで出ていて、
今だからいうけど、逃げたかった。
「あ~ばっくれてェ~」今回、正直、
逃げたくてしょうがなかったと・・・・・

でも、実際に現場に行き、
1625度の鉄の音・光・熱を見たときに
自分の中でカチン! !とスイッチが入ったと~。
万俵鉄平は、おもしろそうと。。。。。

司会の香取慎吾くんも
去年のコンサートの時に台本、読んでいる姿、
見てて、いい意味で重い~と、
台本を見ながらウ~ンと・・・・

制作発表・記者会見の席で
北大路欣也さんに、
握手しようとしたら握手はしないと断られて、
そうなんだぁ~と思ったって。

コブシとコブシで挨拶したけど、
撮影時間とともに消化していく
クランクアップ・打ち上げの
ときには、握手をしてハグできた。

自分に山崎先生に逃げられない、
現場の人たちがとてもよかったと。。。。。

山崎先生も本の中では大介が主役だけど、
テレビの「華麗なる一族」は、
鉄平が主役! !と話されていたのが印象的。

最初の頃は、
ハラハラして見ていたけど、回を重ねるごとに、
ものすごくよくなり、
「よくやった! !木村鉄平! !」と褒めていました。
拓哉くんは、照れていました~

万俵拓哉・木村鉄平と最近、メールがくるとか…

一番、印象に残っているシーンは? ?と
慎吾くんに聞かれて慎吾くんが奥さんと話してて~
高炉が爆発したのがぁ~。。。。と言っていたら
拓哉くんもそれ言おうと思ってたぁ~と 

もし他の人の役だったら?の質問に
恵介と答えていました。

拓哉くんはプレッシャーを次の燃料に・・・・と。
木村くん、本当に本当にお疲れさまでした! !
そして、いい演技をありがとう~~ゥ! ! ! ! !

スーツはピンストライプで、ワイドカラーのシャツ、
ネクタイにエクボを作って少し浮かしてしめていて、
お洒落さをアップ、髪形も決まってましたァ~。。。。。
SMAPファンが応援していまぁす♪




この記事へのコメント

2007年03月20日 12:58
「華麗なる一族」
最終回の平均視聴率が19日、
ビデオリサーチから発表。
関東地区30,をマーク、関西地区39,3
昨年の同地区の紅白歌合戦第2部(37,6%)を超えた。
瞬間最高視聴率、午後10:18分
関東・35.5%
関西・44.9%
猟銃自殺した木村拓哉、演じる万俵鉄平
が最後に残した手紙が遺影と共に鉄平自身の声で読まれる場面だった。

この記事へのトラックバック