卒業式・福岡県立大学☆


画像




【福岡県立大学・田川市】で、十六日、
卒業式があり、同県出身のシンガー・ソングライター
永井龍雲さんが作曲した校歌が初披露された。

同校にはこれまで校歌がなく
本年度の大学法人化を記念し歌詞を公募、
永井さんに依頼した。

吹奏楽演奏にのせて
市民約四十人が伸びやかに歌い上げ、
二度目は卒業生も合唱した。

校歌の作曲は
初めてだった永井さんは
「シンプルな形でお渡しした曲が
オーケストラのような演奏になり、うれしかった」と笑顔。

この日は
看護学部の第一期生九十一人も巣立ち、
卒業生の一人は
「感動したけど、一回聞いただけでは覚えられませんね。何度も同窓会を開かないと」とほほ笑んだ。
(今日の新聞記事より~)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック