コンパクト化 種類豊富に~☆彡

【ひな人形売り場 福岡三越】

ひな人形の歴史は
平安時代にさかのぼり、
三月初めの巳の日に行ったという、
子供の健康を願う「上巳・じょうしの節句」が、
やがて桃の節句になったと言われています。
大切な女の子への親の思いは
今も変わらず受け継がれています。

近年は、
マンション住まいなどが増え、一間を使う
「七段飾りの十五人そろい」の需要は減っています。
内裏様とおひな様の「親王飾り」が主流となり、
コンパクトになった分、種類も豊富です。

飾り台に
人形も道具類も収納できるものや、扱いやすい
木目込みの立ちひな飾りなどもあります。
おすすめは、三越特選
「大橋いっ峰作の衣装着親王飾りセット」
(三十一万五千円)

着付けのバランスが美しく、
左右に穏やかな角度で広がる袖は、人形の優雅さを
存分に引き出し、末広がりの縁起をも思わせます。
菱三宝も木製の菱台・菱餅など
細部まで伝統的な手技が光っています。
(今日の新聞より~)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 春への誘い 源氏物語を京都ブランドで

    Excerpt: 京都府中小企業団体中央会内に事務所を構える「社団法人京都府食品産業協会」では、食文化の振興と食育の推進を目的に「春への誘い~インスピレーションは『源氏物語』より~」を開催されます。この催しは、京都の食.. Weblog: 地域団体商標・地域ブランド情報 racked: 2007-02-04 23:35