keitei1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS JR九州 特急 「かわせみ やませみ」

<<   作成日時 : 2017/03/01 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

【人吉球磨 走る特産品 
特急「かわせみ やませみ」3月4日発車】


http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/311460


JR九州の特急
「かわせみ やませみ」が3月4日、
熊本県の熊本−人吉間に登場する。

人吉球磨の特産品を生かした
内装やおもてなしでは、
地元企業や観光関係者らが、
特製弁当の開発や木材の提供などで貢献。
JRと地元が二人三脚でつくった列車が
熊本地震の復興も願い、走りだす。

内装に地元木材 沿線の味提供

27日に北九州市の
JR九州小倉総合車両センターで
開かれた完成披露式典。
デザインを担った
ドーンデザイン研究所の
水戸岡鋭治代表は
「元気が出る車両をつくらなければ、
となった。
地域の思いや希望をメインに置いた」。
JR九州の青柳俊彦社長も
「(地元と)一緒になって
つくり上げる良さを体感した」と
強調した。

JRと地元の人たちが心を砕いた
「人吉球磨らしさ」は、
外観や内装の各所に表れている。
人吉側の「かわせみ」は青い車体、
熊本側の「やませみ」は
緑の車体で沿線の球磨川や森をイメージ。
車内のテーブルや日よけなどに使われる
ヒノキは、地元の林業団体が提供した
最高級品という。
床や天井にはスギ、客室内を区切る
部分には八代産イ草も使った。

車内のサービスも充実。
球磨焼酎の28蔵元の中から、
製法が異なる3種類を季節ごとに用意する。
1杯400円から味わえる。
また土日祝日に限り、
沿線の旬の食材を使った特製の
「球磨の四季彩弁当」と、
地鶏のうま味やしょうゆが利いた
郷土料理「つぼん汁」のセット
(1300円)を販売。
地元産果物のスイーツセット
(720円)や、鹿肉の薫製など
ジビエ料理を詰めたおつまみセット
(800円)もある。

列車は2両編成で定員は72人。
熊本−人吉間を1日3往復する。
午前中の一部便では
焼酎や弁当の販売がない。
水戸岡代表は
「今後もこの車両、
地域を応援してほしい」と語った。

      
「ヤマセミ」を人吉市の鳥に

熊本県人吉市は、
球磨川流域に生息するヤマセミを
「市の鳥」に指定すると発表した。
3月1日付。
JR九州の「かわせみ やませみ」の
運行開始に合わせ、指定を沿線の
盛り上がりにつなげる。

鳥のヤマセミは
体長38センチの黒と白のまだら模様。
市内の野鳥愛好家によると、
球磨川が流れる市街地で観察できるため
全国から野鳥ファンが訪れるという。
昨年、市民から指定の要望を受けた市は
「人と野鳥が共生する
豊かな自然環境の象徴」と指定を決めた。

新列車が走る沿線では既に、
同県八代市と球磨村がカワセミを
各市村の鳥に指定。
人吉市も今後、職員の名刺に
ヤマセミをデザインしたり、
市内のヤマセミ観察マップを
リニューアルしたりする計画だ。

(1日 西日本新聞より〜)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR九州 特急 「かわせみ やませみ」 keitei1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる