keitei1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 柳川伝承まり・さげもん研究会代表 緒方さん

<<   作成日時 : 2017/02/25 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

叔母が伝えたさげもん、世界中の人に広めたい 
柳川伝承まり・さげもん研究会
代表の緒方文香さん [福岡県]

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/310475


さげもんめぐりの
観光客でにぎわう水郷・柳川。
初節句を迎える女児の幸福や長寿を願い、
母や祖母が一針ずつ心を込めて糸を刺す−。
そうやって伝承されてきたからこそ、
色鮮やかな51個の柳川まりと
細工物から成る「さげもん」は、
現代も多くの女性を引きつけるのだろう。
その普及と研究活動を続ける
「柳川伝承まり・さげもん研究会」が
今年で結成20周年を迎えた。
会の代表で柳川観光大使も務める
緒方文香(ふみこ)さん(65)=
新宮町花立花=に、
会の歩みやさげもんの歴史を聞いた。

−緒方さんとさげもんの
出合いから聞かせてください。

「私は大牟田市の
炭鉱マンの家に生まれました。
1975年に結婚し、
嫁いできたのが柳川市。
夫の叔母から結婚祝いに手製の
柳川まりをプレゼントされたのです。
その美しさに目がくぎ付けになり、
すぐに『作り方を教えて』と頼みました」

 −叔母さんとは。

「柳川まり保存会の初代会長だった
北島ミチです。叔母は戦時中、
パラオにいましたが、帰国時に
夫と子ども2人を亡くしました。
1人で戻った郷里の柳川で、
明治時代に立花家で行儀見習いをした
女性から、まりや細工物を習ったそうです」

 −立花家ですか。

「さげもんは江戸時代末期、
柳川藩(立花藩)の腰元たちが
お姫さまのために手作りしていた
御殿まりと、琴爪を入れる袋などの
細工物が、明治時代になって
町家に広がったものです。やがて、
輪っかに7列7個ずつのまりと飾り物、
中央に2個の大きなまりをつるすという、
現在の形が出来上がりました」

 −あの美しいまりはどうやって作るのですか。

「根気が要りますよ。まず、
木毛(もくもう)を固めて芯を作ります。
木毛とは
松の木を細い糸状に削ったものです。
陶磁器や瓶などを梱包(こんぽう)
する際、割れないように
入っている詰め物です。
その木毛で作った芯を綿でくるみ、
仕付け糸でぐるぐる巻きにします。
その上から刺しゅうを
施して模様を作るのです」

 −どんな模様がありますか。

「基本形は菊の花です。
私たちの研究会では、草木染の糸を使い、
図柄は60種類にとどめています。
あまり複雑な模様にするのではなく、
だれでも作れるように、伝統のある
シンプルな図柄を大切にしています」

 −その研究会が20周年を迎えました。
結成のきっかけは。

「私は夫の転勤で柳川市を離れましたが、
亡き叔母から授かった
柳川まりとさげもんを、
もっと広い地域に広めたい、
その歴史も深く研究したいと、
太宰府市で会を立ち上げました。
今では、私が育てた講師28人が、
九州・山口や東京で
約800人の会員に教えています」

 −研究の分野での発見は。

「杉森高(柳川市)の創始者である
杉森シカさん(1865〜1962)が、
明治時代に裁縫などを学んだ共立女子大
(東京)を訪ねた時のことです。
私が叔母から受け継いだ細工物の型紙の
デザインが、大学に残された明治時代の
教科書と全く同じだったのです。
杉森さんが東京で学んだ最新の細工物を、
明治、大正に柳川の女性たちに広めた。
それが礎になり、
さげもんが発展したと推測します」

 −普及活動も国際的ですね。

「2006年にスペインのバルセロナで
展示会とワークショップを
開いたのを皮切りに、米国、ロシア、
ポルトガル、台湾を訪問、
さげもんの作り方を教えてきました。
15年には柳川観光大使に任命され、
柳川のPRに手弁当で頑張っています」

 −今後の目標を。

「私の叔母は1964年東京五輪で、
選手村にプレゼントとして
柳川まりを届けて、大好評だったそうです。
私も2020年東京五輪で
同じことをしようと、心に決めています。
日本の文化を海外に伝える絶好の
機会ですから。そのためには、
若い人の新しい感性も取り入れて、
もっと世界中の人に愛される
さげもんにしたいですね。
夢は見るものではなく、かなえるもの。
子どもの頃から信じてきた言葉を、
必ず実現させます」

    ◇    ◇

柳川伝承まり・さげもん研究会は、
さげもんめぐり期間中の
3月1日〜4月3日、沖端商店会
柳川さげもん館
(旧大牟田柳川信用金庫沖端支店)
で展示会を開く。
3月1日〜20日には
先着20人を対象に、作り方を教える
ワークショップ(有料)も開く。

(25日 西日本新聞より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柳川伝承まり・さげもん研究会代表 緒方さん keitei1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる