keitei1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS “大越健介” 元キャスター( 〃▽〃)☆

<<   作成日時 : 2015/05/01 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

〔キャスター卒業NHK大越健介氏
「意見通る危うさ」〕


NHK「ニュースウオッチ9」で
5年間に渡りキャスターを務めた大越健介氏
 NHK「ニュースウオッチ9」の
キャスターを今年3月に卒業した
大越健介氏(53)が現在の心境を語った。
敏腕の政治記者として長く現場にいたが、
10年に同番組
キャスターに抜てきされ、5年間務めた。
まだ続けていきたいという気持ちもあったが、
交代の必要性も感じていたという。


キャスターを5年間務めました。

「ずっとやりたかったですね。
やりがいある仕事でした。
自分は政治記者という気持ちがあったのですが、
いろんなジャンルの人と接することができた。
こんな面白い仕事はないです。
一方で、5年は節目になるとも感じていました。
番組に新しい血を入れる
重要性は理解していますので」

新しい血の重要性とは。

「5年もたつと、
スタッフや記者は変わり、自分だけ積み重なる。
『これどう思います』と聞かれ『こうじゃないの』
と答えると『じゃあ、それで』となる。
僕の意見が通ることが
だんだん増え、危うさを感じました」

キャスターとして心掛けてきたものがあった。

「公正公平、放送法の
精神はもちろん、取材相手から
『言いたいことと違う』と言われるのが一番ダメ。
最初からストーリーを作り、
相手の話をはめ込むやり方は公平公正ではない。
相手が誰で、どんな意見でも、
伝えたいことをねじ曲げない。
こちらの恣意(しい)で組み立てない。
言いたいことをきちんと伝える。
扱おうと思った時点で十分恣意的ですから」

今は「ニュースウオッチ9」
番組編集長という立場にある。

「5年間、ジャンルを問わず
取材をさせてもらう禁断の実を食べてしまった。
また、どこかでという思いはありますが、
別にテレビに出なくてもいいんです。
例えば自分で取材をして
ノンフィクションやドキュメンタリーを作ったり。
そういう現場が尊いと思う。
組織をしっかり勉強するのと合わせ、
そういう仕事を忘れなければ、
チャンスは巡ってくるかもしれません。
その時は頑張ります」

フリーになるという選択肢はあるのだろうか。

「ないです。キャスターは最終伝達者。
5年間やれたのも、ひたむきで献身的で、
公平で公正にと懸命に取材する
人たちの力の積み上げがあったからです。
支えられていることを忘れてはいけないと思います」

(30日 日刊スポーツより〜)


 ◆大越健介(おおこし・けんすけ)
1961年(昭36)8月25日、新潟県生まれ。
新潟高時代は野球部エースとして
79年春の県大会準優勝、夏はベスト8。
東大では東京6大学リーグで8勝27敗。
85年東大卒業後にNHK入局。
岡山放送局で記者として県警、県政を担当。
89年報道局政治部に異動。
05年にワシントン特派員、07年に同支局長。
10年3月から今年3月まで
「ニュースウオッチ9」キャスターを務めた。


大越健介氏ファン、スゴく多いので
少ししたら、また新しい番組に出てほしいです☆
編集長のお仕事も、大変だと思いますが
チーム『ニュースウォッチ9』で、
ガンバってください!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
公共の電波を使って、当時現職の総理大臣に、「さっさとやめろ」と言ってのけた人に、「公正公平、放送法の精神」などと言って欲しくないよね!!
公正人
2015/05/02 17:19
公正人さん、
コメントありがとうございます。

私は、政権交代するときの
約束を守ってないこと…
政党に魅力を感じないので
代弁してもらってスッキリしました。
keitei1
2015/05/03 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
“大越健介” 元キャスター( 〃▽〃)☆ keitei1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる